公受塾のブログ

生徒の質問、教育ニュース、時々医学

今日は手紙を書いてみませんか?(+本日の質問♪)

皆さんは最後に手紙を書いたのはいつですか?
 
 
 
手紙は不思議な力をもつツールですよね。
 
最近はLINEなどでコミュニケーションをとることが多いので
 
手書きの文章というのはなかなか見ることが少なくなりましたね・・・
 
 
 
 
今日は小学校1年生が書いたある作文をご紹介します。
 
 
 
 
以下一部引用
 
ぼくは、てをあわせながら、ぼくのあたりまえのまいにちは、ありがとうのまいにちなんだとおもいました。
おとうさんとおかあさんがいることも、わらうことも、たべることやはなすことも、ぜんぶありがとうなんだとおもいました。
それをおしえてくれたのは、いもうとです。
ぼくのいもうと、ありがとう。
おとうさん、おかあさん、ありがとう。
いきていること、ありがとう。
ぼくには、てんしのいもうとがいます。
だいじなだいじないもうとがいます。

 

 
 
 
ほんと、素晴らしい文章ですね。
 
てんしの妹からのメッセージをしっかり受け止め、これから強く生きていこうという気持ちがひしひしと伝わってきます。
 
 
 
私はこの動画を見る前に文章を見たのですが・・・
 
誰が書いているかもわからない、顔も見えない人が伝えようとしている文章。
 
 
ある意味、口で伝えるよりもより強く思いを伝えることができるような気がします。
 
 
言葉は相手の表情があり、声のトーンがあり・・・、言葉以外のものが多く、言葉そのものの意味が薄れてしまいます。
 
 
言葉だけというのは、意外とよいものですね。
 
 
 
そう考えると、手書きという手紙というのは、大事なツールですね
 
 
単純に母からのメモ書きでもうれしかったなーと思い出されます。
 
 
 
 
今日は
 
「お疲れ様」
 
とメモを張ったお菓子などをお子様に渡してみてはいかがでしょうか?
 
 
 
 
 

 

【本日の質問】

<第一問>(高校3年生より)

f:id:oyakezyuku:20170803220059j:plain

f:id:oyakezyuku:20170803220118j:plain

f:id:oyakezyuku:20170803220137j:plain

f:id:oyakezyuku:20170803220153j:plain

 
【ポイント】
・まず数学は必ず図を描くこと!!!そしてイメージをすること!
なので、回転体のときは、実際に回転させるのをイメージして図をかくこと。そうすれば回転後どんな形になるかイメージつきやすくなる。頭の中だけではかんがえない!必ず書く!!!
あとは必要な部分の図形を取り出してかくというのも重要
もとの図形で考えると複雑になり、ごちゃごちゃしてしまう可能性があるときは一部を抜き出して考えるとよりよい、
 
・今回は二つの円錐の底面を共有するようにくっついた図形でした。なので底面積を求めて高さを求めて体積をだしていけばよい
 
 
 
 
 
<第二問>(高校生1年生より)
この絶対値を含む式を解け
 

f:id:oyakezyuku:20170803220313j:plain

f:id:oyakezyuku:20170803220327j:plain

f:id:oyakezyuku:20170803220339j:plain

f:id:oyakezyuku:20170803220349j:plain

 
【ポイント】
・絶対値の場合分けは、絶対値の中が0になるときのxの値を境目として考える
・必ず絶対値の中が0になるときも考える・。
・その後式をといて出たxの値がちゃんとそのときのxの範囲内にあるかどうかをチェックする。x<○○のときというのは、どんなことがあってもx<○○の世界で今は考える。これ以外にはxはなりえないという状態で解いていくということなのです
・ルートが分母にある場合は最後必ず有理化する
 
 
 
本日は以上です!!
また質問をお待ちしております!!