公受塾のブログ

生徒の質問、教育ニュース、時々医学

医者の子供は医者じゃなくてもいいのです。~N高等学校を知っていますか?~

www.todaishimbun.org

 

 

皆さんはN高等学校をご存じでしょうか?

 

 

<N高等学校は高等教育に大きな変革を起こす>

この記事にはN高等学校についてシリーズ化して説明しているので非常にわかりやすいです。

 

以下一部記事より引用して簡単にN高等学校について概要をつかんでみましょう。

 

・2016年4月に開校した学校法人角川ドワンゴ学園が運営するN高等学校(N高)ネットの高校」として従来にない新しい学校を目指す

・制度は通信制、箱としての場所は沖縄。年に5日程度学校に通学して授業を履修

・東京、代々木と大阪、心斎橋に校舎を設立し通学コースもある

・都内の会社でインターンしながらN高に通っている学生もいる

・N高が通信制高校である理由について、学校側はこのように説明している。「N高校が通信制という形態を取るのは、人生で最も吸収力があり体力もあり余る、10代後半という黄金期に従来型のカリキュラムをただ学習するだけでなく、もっとより多くの選択肢を若者に提供したいが故です」(「設立の背景とN高等学校の特長について」N高等学校 入学広報部)

・昼休みを終えた最初の授業はサークルリーディング
4~6人の生徒でグループになり同一の本の感想を共有しあう。
Macbookは入学時必需品として購入
・N予備校を利用したネットによる自習学習

www.nnn.ed.nico


・A君とB君は「携帯電話の通信制限に一石を投じたい」と、ある提案書を作って経産省の公募プログラムに応募しようとしていた。

・大学受験にも力を入れている。ドワンゴの川上会長によれば「学歴偏重の世の中というのはまだ続いていますから、受験のための最適なツールも用意します

・チャットツール「Slack」で行われるホームルーム

 

興味深い学校ですね。

 

 

世の中にはたくさんの選択肢があるのですよ。

 

 

f:id:oyakezyuku:20170716135734j:plain

 

 

 

<医者の子供は医者じゃなくても良い>

私はよく、「ご両親はやっぱり医者?」と聞かれることが多いです。

父は医者なので、「はい。そうです。」と答えると「やっぱりー。親が医者だったら、子供も医者なのね」と言われます。

 

このやり取りが最も嫌いです。

 

私は親と同じ職業が嫌でした。絶対に医者になりたくないと学生の頃は思っていましたが、いろいろあって医学の道に進むことを決めました。

しかし親が医者だったからというのは全く異なります。

 

自分で選んだ道です。

 

教育に携わっていると、親が医者である生徒を担当することが多いです。そして親御様とお話していると、なんとか医学部に合格させたいと強く言われます。まずはそのご意見を受け止め、

次に生徒と話すと「機械系に行きたい」「○○大学の教育学部にいきたい」「国際的なことを勉強したい」そのようなことを話す生徒も多いです。

 

つまり親と子の間に考えの行き違いが比較的多くみられるのです。

 

そんなとき

「医学部に行きたいなら医学部に行けばいいし、行きたくないのなら行かなくてもいい。そんなに医学部は甘くないから」

と必ずつたえます。

「他にもたくさん選択肢はあるんだよ」と

上のN高等学校や、軽井沢のインターナショナルスクール、BBT大学なども紹介します。

 

医学部に行きたいと決心した人にだけ、厳しい医学部向けのペースかつ難易度で教えます。

 

 

今はインターネットによって非常に便利な世の中になりました。その分、何事においても選べる時代となりました

 

決まりきったルートというのはなくなりつつあります。

決まりきったルートを進める人はごくわずかになってきます。

 

これからは自分でルートを作って、選んで、進んでいく力が非常に重要なのです。

ルートを作るということは選択肢をたくさん持つということです。

 

この選択肢を作る→選ぶ力というのを育んでほしいと思います。

 

 

子供は可能性に溢れています。

 

 

 

医者の子供は医者じゃなくてもいいのです。