公受塾のブログ

生徒の質問、教育ニュース、時々医学

英語リスニングができないたった2つの理由と克服方法 その①

www.lifehacker.jp

 

これ!!!実はリスニング力アップのためには素晴らしい方法なのです!

塾家庭教師でも利用していました。

 

では本日はリスニングについて少し説明しましょう。

 

<リスニングが苦手な理由はたった二つだ!>

中高生でもリスニングが苦手な人は多いですね。でもそれは当たり前。

私たちは普段英語を聞く機会が少ないからです。

よく皆さん、「英語のニュースが聞き取れない」「海外の映画で練習しているけど聞き取れない」と悩まれていおります。

まず大切なこと。ネイティブのように聞き取れなくてよいのです。まずは優しいものから聞き取れるようになりましょう。さらに中高生はとりあえずテストで点数がとれることを目標にしてみましょう。

さて上記のような意気込み、リラックスした状態で・・・

リスニングがうまくいかないのはたった二つしかないのです。

①そもそも聞いている英語の文章が読めない
②英語の音としての単語同士の繋がりを知らない

それぞれについて説明していきましょう。

 

f:id:oyakezyuku:20170712215101j:plain

 

<①そもそも聞いている英語の文章が読めない>

これは聞くと当たり前のように感じられるかもしれませんが、実は引っかかっている人が多いです。リスニングの練習をしようとして、使う音源の文章自体を読むことはできますか?読めないと聞いてもわからない。

まずはリーディング力を上げることが先です!!

ではリーディング力のある人でもリスニングが苦手なのはなぜでしょうか?

それはある法則を知らないからです。

 

<②英語の音としての単語同士の繋がりを知らない>

皆さんは「get up」をなんと読むでしょうか?

カタカナ表記で申し訳ないですが、「ゲットアップ」と読む人が多いと思います。

実際私たちが話す分にはいいのですが、ネイティブやリスニングの時に聞く音声では

「ゲラップ」というのです。

ここが落とし穴なのです。

 

私たちは、英語の授業で音読をさせられ、「ゲットアップ」と呼んでも問題ありませんでした。そこから、「get upはゲットアップと聞こえる」と勘違いするのです。

そのような思い込みが他の2単語以上の単語音に対しても刷り込まれ、実際にリスニングのようなネイティブの音声を聞いても理解できない・・・となってしまうのです。

 

ではこれらの解決策は・・・

 

おすすめのトレーニング方法と参考書、アプリがあるのです。

 

それは次回にしましょう^^